ホイアンの魅力ホイアンはベトナム中部クアンナム省にある古い港町で、国際空港のあるダナン市から南に約30キロ、南シナ海に注ぐ トゥボン川の河口に位置しています。かつてヨーロッパ人にファイフォと呼ばれ、東南アジア随一の港町として栄えたこの街は1999年に「ホイアンの古い街並み」として、ユネスコ世界文化に登録されました。

ホイアンの魅力は東南アジア随一といえる18世紀から続く木造建築の街並みです。京都の町屋を思わせるような、間口は狭いけれど奥に長く続き、美しい中庭を持つ家々がホイアンに旧市街に建ち並びます。

大航海時代に東南アジア有数の貿易港であったホイアンには多くの外国人が住んでいました。1600年代には日本人街が栄え、その痕跡が「日本橋」(来遠橋)、日本人墓、五行山にある碑文、肥前磁器などに伺われます。現在もホイアンのシンボルとして市章として使われる日本橋は覆い屋根のついた木造の橋で、橋の中腹には小さなお寺が突き出るように存在するユニークな橋で、かつて日本人街の入り口にあったため「日本橋」と呼ばれるようになったと伝えられています。

江戸時代の日本の鎖国により日本人街が衰退した後、中国人街が栄え、現在のホイアンの街並みは1700年代後半から中国人によって建設されたものが中心です。

また、日本人橋近くには20世紀前半フランスの植民地時代に建てられたとされるコロニアルスタイルの建物も多く存在します。

ベトナムでは「フランス風の家に住み、中国料理を食べ、日本人を妻に迎える」のが成功の証とされた、と言われていますが、異国情緒あふれるホイアンを歩くと、なんとなく納得させられます。

かつて大航海時代に世界的な貿易港として栄えたホイアンは現在はベトナム随一の観光地として栄え、世界各国からの観光客が多く訪れます。

黄色い壁にこぼれ落ちるように咲く色鮮やかな花々。強い日差しによって作り出される光と影。ホイアンには美しい色のコントラストが存在し、人々を魅了します。
また、毎月旧暦14日の満月の夜には電灯が消され、ランタンの灯りがやわらかく街を照らします。トゥボン川には色とりどりの灯篭が流され、ランタンの灯りとともに幻想的な雰囲気を醸し出します。

異なる文化を受け入れ発展した異国情緒ある街、ホイアン。
過去と現在が同居するこの街には、人々を魅了する不思議な雰囲気があふれています。