ホイアンの過ごし方ホイアンの朝は早いです。
ホイアン子は、朝食を外で食べて、カフェへ行っておしゃべりして、それから出勤・登校、というのが基本。夏は早朝5時頃からビーチへ行くのも人気。
せっかくのホイアン、ちょっと早起きして朝のローカルライフを見に行くのはいかがでしょうか。

<ホイアン市場>
旧市街横にあるホイアン市場は、早朝4時頃から準備が始まり、7時過ぎには店じまいをする露店もあるので、ぜひ6時台に見に行ってみましょう。市場自体は1日を通じて営業していますが、一番活気がありローカルな暮らしを体験できるのが朝です。

<アンバンビーチ>
ベストシーズンは3月から9月頃まで、それ以外でも天気が良ければ行く価値ありです。ビーチ沿いのレストランは早朝から開いているのでビーチで朝のコーヒーを飲むのもよし。浜辺を散歩するのもよし。5時~6時頃行けば、たくさんのローカル子が朝のスイミングを楽しんでいるので、一緒に泳ぐのも楽しいです。

<ホイアン旧市街>
ホイアン観光といえば旧市街。
ユネスコ文化遺産に指定されている旧市街を散歩するのは、人ごみが少ない午前中とランタンが灯る夕方からがおすすめ。
旧市街に入るには市内の観光チケット売り場で入場券の購入が必要。チケットは1枚120,000ドンで滞在期間中有効です。チケットの提示を求められるので、ホイアン観光中は持ち歩きましょう。1枚のチケットで全22箇所の観光施設の中から5つを選び見学ができます。
旧市街の中には観光名所以外にもレストランやショップが所狭しと並んでいるので、散歩がてら旧市街をぐるっと歩いてみましょう。ホイアン旧市街は一部の時間を除いて歩行者天国(自転車・シクロはOK)なのでゆっくり散歩することができますよ。