ホイアンが熱い!カフェ&バリスタ・ムーブメントベトナムといえばベトナム・コーヒー。アルミフィルターで淹れた濃くまったりしたコーヒーをコンデンスミルクと一緒に味わうカフェスアダーが有名ですが、現在ホイアンでは本格的なバリスタが淹れるエスプレッソやスペシャリティコーヒーを出すカフェが次々に誕生し、注目を浴びています。
バリスタ、はもともとイタリア発祥の言葉で、バールなどで給仕をする職業を意味する単語でしたが、今ではコーヒーを専門的に淹れるプロフェッショナルとして確立しています。そして多くのイタリア人がそうであるように、バリスタは「情熱」溢れる人々。カフェのオーナーやバリスタは、お店で出すコーヒーに情熱と誇りを持っています。そうしたカフェで出されるコーヒーは質が高く、お客さんがどんどん常連になっていきます。カフェをオープンしてお客が来るのをただ待つのではなく、そのお店ならではの特徴をメッセージとして発信し、お客さんに特別な経験をもたらすこと。その熱意がお客さんの心をつかみ、普通のベトナム・コーヒーの何倍もの値段(日本円で200円から300円)を払ってでも通うファンに育っていくのです。

ホイアンでもこうした「バリスタ・ムーブメント」が起こっています。火付け役は、一杯のコーヒーに情熱と誇りを持つカフェのオーナーとバリスタたち。代表格は、Hoi An Roastery, Mia Café, 11 Coffee, Faifo Coffee, The Espresso Station です。

Rosie’s Cafe (8/6 Nguyen Thi Minh Khai St.) は、旧市街の喧騒から離れてゆったりした時間を過ごせる場所。オリジナルのボトルに入ったアイスコーヒーが大人気。